脇脱毛をすると多汗症になる!?脇脱毛と多汗症との関係性

脇脱毛をすると多汗症になる!?脇脱毛と多汗症との関係性

頑張って痛みにも耐えてようやく綺麗なツルなツルスベスベ脇になったのに脇脱毛をしてから脇汗を良くかくようになったと実感している人は結構多いようです。

せっかくオシャレな服を着ても脇汗をかいて、しかもそれが外から見て分かってしまったりすると脇毛同様に恥ずかしくて耐えがたいものです。

そう脇汗に悩まされるのです。

脇汗に悩まされるのです。

特にグレーだったり紺色のシャツを着ている時に脇汗をかいてしまうと汗のところだけ色が変わり見てとるように脇汗だなぁと周りの人にも分かられてしまいまさに穴があれば隠れたい状態に。

皆がよくいう脱毛した事によって脇汗をより感じるようになったと聞くのですが汗の量は脱毛前と同じなのです。

脱毛したからといって汗を沢山かくようにはなりません。

今まであった毛がなくなったことによって、毛を使ってうまく外に蒸発する働きを無くし、汗が直接肌に流れてしまいより汗が流れるのを感じてしまうようになったからです。

脇汗で悩んでも汗をかく量を自分でコントロールするのはなかなかできません。

そんな時にはやはり制汗スプレーや塗るタイプの制汗剤がオススメです。

絶対に脇汗をかきたくない時や彼とのデートの時には役立つアイテムなのです。

よく見かける電車にある脱毛サロンの広告の隣にはワキガや多汗症治療の広告が掲載されています。

一見してみると脇脱毛すると多汗症や、ワキガになってしまうのっ!?と関連づけて考えてしまうかもしれません。

私自身も電車の広告を毎日見てるうちに脱毛に興味を持ち脱毛する事を決めました。

電車に掲載されている広告効果は偉大なものです!しかし間違った解釈や情報に惑わされないでください。

脱毛した事によって多汗症、ワキガになったりする事はありません。

ごく稀に光脱毛やレーザー脱毛によって汗腺が刺激され以前より汗をかく量が増えたという人もいるようですが、実際には科学的にしっかり証明されていません。

もちろん逆に脱毛したからといって多汗症やワキガが治ることないのです。

脱毛は毛根組織は破壊、無くすことはできても汗腺まで破壊する事はできないならです。

言ってしまえば毛を取り除くということはもともと体が本来必要とし持ってして生まれた機能を取り除く、自然に逆らう行為なのです。

毛があった事によって汗を使ってうまく体温調節をしていたのに毛がなくなり上手く体温調節する事出来なくなり体も異常を感じているのです。

だからといって多汗症になったりはしません、すぐに体もこの状況に慣れてしっかり汗をコントロールするのです。

脇脱毛することによって少なからず体に負担をかけているのは事実です。

だからこそ脱毛期間中は無理をせずにしっかり体を休ませてあげないといけません。

そして脱毛後はしっかり肌を綺麗にこまめに汗を拭き取って清潔な肌を保つようにしないといけません。

参考:脇脱毛したら脇汗が増えて臭いが..その原因と対策を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です